ミッションとビジョン(あなたに一番伝えたい管理人の想い)

Mission -なぜこのサイトを立ち上げたのか-

『仕事でうまく行っていなかったり、壁を越えられずに困っている人を手助けしたい!』

そして、『その壁を越えた喜びを一緒に分かち合かち合いたい!』

これがこのサイトを立ち上げた理由であり、このサイトのミッションです。

過去に何をやっても裏目に出て、精神的にも肉体的にも病みかけた自分だからこそ、苦しい時の閉塞感を知っていますし、そしてその苦しい時代を乗り越えた時に見える「全く違った世界」の素晴らしさも知っています。

だからこそ、このサイトは以下のような悩みを持っている方に特に読んでいただきたいと考えています。

  • 『自分は仕事ができない、自分はどこの会社に行っても使えない人材ではないか』と真剣に思い悩んでいる方。
  • 『日々の仕事はこなしているが、成長している実感がない。このまま数年経ってしまうと、自分は会社のお荷物になってしまわないか』と心配されている方。
  • 『今の部署や職種しかやったことがない。もし、他異動になったら不安だ。新しい仕事なんて自分にできるのだろうか』と、将来に漠然とした不安を感じている方。
  • 『自分の仕事はきっちりとできるが、周りの同僚やチームメンバーがうまく動いてくれない。どうしたら良いだろう?』というマネジャー代理または新任マネジャーの方。
  • 『マネジャーになると、外国人のエグゼクティブや海外のビジネスパートナーとやり取りが増える。3年も勉強しているのに、一向に英語が話せるようにならない。もう、自分には英語を話すことはできないのか?』と、ビジネス英語で悩まれている方。

以前の私のように、目の前のどうやっても越えられない(と思い込んでいる)壁を感じている方にこそ、このサイトを通じて、

その壁を越える手助けをしたい! というのが私を突き動かす使命(ミッション)です。

Vision -私がこのサイトを通じて実現したいこと

私がこのサイト通じてやりたいことは、今の自分を変えたいと本気で考えている人に、「あの時、このサイトに出会ったことが人生のターニングポイントでした」と将来言ってもらえるように、その人それぞれに合ったオーダーメイド・サービスを提供することです。

そう、壁にぶち当たって病みかけていた当時の私のような人のために。

私自身の実体験からですが、人によってぶつかっている壁は違うものですし、その人の経験・スキル・パーソナリティー・置かれた環境によって、その壁の乗り越え方は変わるものです。

そして、私が一番感じるのは、会社の先輩や上司の “ありがたい” アドバイスが、「あなた用に最適化(カスタマイズ)されていない場合がある」ということです。

社会経験や実務経験が豊富という理由だけで、つい盲目的に、先輩や上司のアドバイスが正しいと思ってしまい、「自分の考えは間違いだ」と思ってしまうのは、とても勿体無いことです。

自分の壁を越えるためには、「様々な情報を集め、自分にとって最適なプランを組み立て、実際に行動してみる。そして、よかった点/悪かった点を振り返って、次のプランと行動に活かしていく」というサイクルを何回も積み上げていくことです。

こう書いてみると、仕事の上達(仕事で壁を越えること)は、スポーツの上達とかなり似ていると思います。

そして、私が実現したいことは、スポーツのパーソナルトレーナーのように、近くに寄り添って、その人に最適化したトレーニング方法を一緒に考えて、一緒に上達していくことです。

これが私の実現したいこと(ビジョン)であり、私のミッションを具体的に実現するためのカタチです。

壁を越えた先の世界は驚きと面白さに満ちている

私は今も日々、グローバルのカウンターパートと仕事をしています。

その中で、一つ言えることは、言語が同じだろうが違っていようが、『仕事ができる人』には “共通のパターン” がある、ということです。

『仕事ができる人』になれれば、あなたの活躍の機会は日本はもちろん、全世界に広がります。

想像してみてください。

色々な部署の様々な専門性を持った、様々な国の人と、何の気負いも不安もなく、自信を持ってビジネスができている姿を。

ワクワクしてきませんか?

それは誰でも、望めば、将来実現できる姿です。

努力なしでは到達できませんが、コツコツ努力すれば必ず辿り着ける場所です。

そんな将来のあなたの姿の実現を手助けして行きたいと思います。

Best Regards,
Ippo

 

=> なぜ、オーダーメイド・サービスなの?

=> そもそも、Ippoってどんな人? 信頼できるの?(鋭意準備中)

=> とりあえず、Ippoの無料カウンセリングに申し込んでみる

=> カウンセリングは敷居高いから、とりあえず、無料プレゼントをもらっておく(鋭意準備中)