高年収を得るには、給料を忘れて、仕事で人を幸せにすることに集中すべき理由

高年収を得るには、給料を忘れて、仕事で人を幸せにすることに集中すべき理由

あなたが仕事に求めるものは、「給料」ですか? 「社会や人への貢献」ですか?

実は「社会や人への貢献」を仕事のモチベーションにしている人ほど、高収入になりやすいという調査結果があります。

もしかしたら、「そんなのは綺麗事だ」と思うかもしれませんが、『事実は小説よりも奇なり』。

実際に調査結果をみながら、考察していきたいと思います。

仕事の目的:低収入ほど「給料」、高収入ほど「社会や人々への貢献」

今回紹介するのは、2012年3月の「仕事に求める最大の目的」についてのインターネット調査結果です。

少し前の調査になりますが、1,000人というそれなりのサンプル数があるので、信頼性が高いと思います。

まずは、以下のグラフをご覧ください。年収が上がっていくほど、仕事に求める目的が「給料」から「社会や人々への貢献」に移っていくことがわかります。

年収1,500万円以上の層は、仕事に求める目的を「給料」と答えた割合が42.5%と最も低くなっています。一方で、年収300万円台の層は「給料」の割合が60.5%と最も高くなっています。

(引用元:プレジデントオンライン|低年収ほど仕事の目的は「給料」 -年収別 幸せ実感調査【2】

(アンケート対象:個人年収300万円台、500万円台、800万円台、1000万円台、1500万円以上の各年収200人ずつで計1000人)

どうやら、低年収ほど「仕事はお金を稼ぐ手段」と割り切っていて、高収入ほど「仕事は社会や他人に貢献し、承認を得ることの手段」と考えるようになると言えそうです。

何のために仕事をするのか? (3人のレンガ積み職人の寓話)

レンガ積み職人(イソップ寓話)

この調査結果をみた時に、以前書いた記事の「3人のレンガ積み職人の寓話」の通りだな、と感じました。

目的意識を持つことの本当の意味とは? 仕事がデキる人の価値観を分析。

2017.08.07

とても興味深い寓話なので、改めて引用しておきます。

世界中を回っている旅人が、とある場所で、3人のレンガを積む職人に出会いました。

その旅人は、最初に出会った職人に聞きました。

「あなたの仕事は何ですか?」

すると、

「見てのとおり、レンガを積むことです。」

という答えが返ってきました。

2人目の職人に同じ質問をしたところ、彼は

「教会を作ることです。」

と答えました。

3人目の職人に聞くと、彼はこう答えました。

「歴史に残る偉大な大聖堂を作ることです。」と。

この寓話の3人の登場人物を、我々のビジネスの現場に当てはめてみると、こんな感じでしょうか。

  1. 最初の「仕事=レンガを積むこと」と答えた人は、仕事はお金を稼ぐ手段と思っていそうです。実際のビジネスでも、「指示通りにやりました」とか「指示がなかったのでやっていません」と言う人に出くわしたりします。こういう方は収入も上がらない上、いつの間にか会社から消えてしまっていることもあります。
  2. 次の「仕事=教会を作ること」と答えた人は、その仕事の先の最終ゴールを見ている人です。いわゆるプロフェッショナルな方でしょう。実際に、会社でもそれなりの給料に到達すると思います。
  3. 最後の「仕事=歴史に残る偉大な大聖堂を作る」と答えた人は、仕事で社会貢献をして人を喜ばせたいと思っている人です。こういう方は、自分の仕事に使命感を持っているでしょうし、それが周りにも広がっていきます。実際のビジネスでは、こういう方は周りを導くリーダーとして、組織の中でも高い役職につくので、結果的に高収入がついてきます。

いかがでしょうか。 レンガ積み職人の寓話は、「我々は、何のために/誰のために仕事をするのか?」という、とても大事なことを考えさせてくれる話だと思います。

まとめ: 「人を幸せにすること」に集中すると自然に収入が上がる

私の会社の色々な方を見ていると、「誰のために仕事をしているのか?」という点がズレてしまった方を見かけます。

それも、部長クラスでそういう人がいると、その組織自体が負のスパイラルに陥ってしまうので、勿体ないなあと思うことも多々あります。 例えば、仕事のモチベーションが「自分の直属の上司によく見られたい」になってしまったり、「今の業務を淡々とこなしていれば高収入をもらえる」という風に現状に満足してしまった方です。

本来は、部長クラスの人ほど「私は歴史に残る偉大な大聖堂を作って、周りの人たちを幸せにしたい」という使命感で組織をリードするべきなのですが。。

少し話が逸れましたが、要するに、「給料」や「周りにどう見られたいか?」に縛られずに、「もっと周りの人を幸せにしたい」という想いと行動こそが、よりよい仕事や成果を出すために大事なことだと思います。

そして、それを自らリーダーシップを発揮して行動していくことで、自然に給料は上がっていきます。

もし、高収入を目指すのであれば、敢えて「給料」のことを脇に置いて、「誰を幸せにできるか?」「どうしたら幸せにできるか?」に集中するとよいのではないでしょうか。

【かんたん読者登録】- 記事更新をメールでお知らせ -

高年収を得るには、給料を忘れて、仕事で人を幸せにすることに集中すべき理由

ABOUTこの記事をかいた人

ippo

本サイトの運営者。社会人になった後、周囲から仕事ができないと思われて、自分の人生が真っ暗闇に感じた辛い日々を過ごす。その後、奇跡的な復活劇を遂げ、その勢いのまま、グローバルプロダクトマネジャーを経験。全く喋れなかった苦手の英語もビジネスで会話ができるレベルまで押し上げ、2019年6月からはアメリカに赴任し、グローバル・リーダー/マネジメント達と仕事をしている。 専門分野は、プロジェクトマネジメント、アカウント・ファイナンスなど。自分のように、仕事で悩んでいる人や大きな壁を感じている人が現状打破できるように、という想いで本サイトを立ち上げた。